アーユルヴェーダが教えるヴァータを減らす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダでは、その人その人に合った本来の健康を見出すために
3つのドーシャバランスを整えることを推奨しています。

その方法のひとつとして、食事療法がとても有効とされ、
各ドーシャごとに合った食事療法について、教えてくれているのです。

では、ヴァータの性質が強い方に薦められる食事療法とは
一体どのようなものなのでしょうか?

ヴァータとは、風のエネルギーとされるドーシャで
主に、冷静の属性を持っています。

ですので、ヴァータを減らすような反対の属性の食事を摂ることが望ましいのです。

以下に、ヴァータを減らす効果があるとされる食事の例を挙げてみました。

 

◯ 熱を通した温かいもの

◯ 油分を含むもの

◯ 鍋料理やシチュー、スープ

◯ 甘味や酸味・塩味の多いもの

◯ ホットミルクやチーズなどの乳製品全般

◯ 熟した果汁たっぷりのフルーツ、またはフルーツジュース

◯ 適量の生姜・コショウ・シナモン・ナツメグなどのスパイス

◯ 玄米

◯ 鶏肉や魚、卵

 

ヴァータを調えるためには、ヴァータの持つ冷静の属性とは反対の
「温かくこってりとした重さを感じる食事」を摂ることが望ましいです。

また、甘味や酸味、塩味といったものも、積極的に摂るようにしても良いでしょう。

また、ヴァータの人はせっかちな方が多い傾向がありますので、
食事を摂るときは意識してリラックスを心がけ、
ゆっくりと味わうようにいただくことが大切です。

そして、不規則さを招きがちなドーシャですので、
出来るだけ規則正しい時間に食事を摂れるように心がけていきましょう。

スポンサードリンク

2015年1月14日 アーユルヴェーダが教えるヴァータを減らす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)