ヴァータ体質の人に適したアーユルヴェーダ的な生活とは、どのようなものがあるのでしょうか?




アーユルヴェーダがいう本来の健康とは、
「自然の法則に調和し、その中のひとつの存在として生きること」
と言われています。

ですので、普段の生活から自然の流れに自らを調和させ、
自分らしい健康の在り方を目指すことが最終的な目標とも言えるでしょう。

では、ヴァータの性質を強く持つ人に適した生活とは、
一体どのような生活なのでしょうか?

以下に、ヴァータの人が意識すると良いとされる
生活習慣についてまとめてみました。

 

◯ 一回の食事量を減らし、一日の食事回数を3〜4回に増やす

◯ 間食を摂ることも効果的

◯ 食事の時間は規則正しくを心がける

◯ 入浴を日課とするなど、体を暖かく保てるようにする

◯ 瞑想など、落ち着ける時間を持つ

◯ 日課を作り、不規則さを減らす

◯ 休息をたくさん取れるよう、夜の10時には就寝できるようにする

 

ヴァータとは、あらゆる対婦負の活動を生み出す活発なドーシャであり、
季節の変わり目などの変化の時期、もっとも活発になるといわれています。

よって、その時期の食生活や生活習慣には最も注意が必要であり、
先述の生活習慣について、普段より強く意識することが望ましいでしょう。

また、ヴァータはとてもバランスを崩しやすいドーシャであり、
さまざまな病気の原因となるドーシャともいわれています。

ですので、普段からヴァータを整える生活をすることは、
ご自身の健康を大切にするための大きな一歩となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

2015年1月14日 ヴァータ体質の人に適したアーユルヴェーダ的な生活とは、どのようなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)