アーユルヴェーダを知る上で大切なヴェーダ哲学とは、一体どのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダを学んでいく上でかかせない聖典である「ヴェーダ哲学」ですが、
あまりに難しそうな雰囲気を含むため、
敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

「ヴェーダを知ることは宇宙の智慧を知ること」

この言葉の通り、ヴェーダの教えは幅広く多岐に渡るものです。

このヴェーダの教えをすぐに理解することは、到底困難ではありますが、
この尊い哲学に触れておくことは、今後大きな智慧となって
自身を本当の幸せへと導いてくれるでしょう。

ヴェーダとは、「知識」あるいは「化学」という意味のサンスクリット語で、
アーユルヴェーダの大本となる、予防医学の大前提となったと
言っても良いでしょう。

その歴史は古く、紀元前1200年頃から編纂され始めたといわれ、
健康・哲学・高額・占星術・建築といった、
実践的かつ多様な化学情報が盛り込まれています。

また、このヴェーダの知識は、ある特定のグループや国、
または宗教に限られるものではなく、
普遍的かつ、誰にでにも有益である深い智慧のことをいいます。

いくら国や文化が違えど、解剖学や生理学的には身体機能は人間皆同じです。

よって、体内システムに関するルールは万人に適用することができ、
ヴェーダやアーユルヴェーダで説かれる普遍的な予防医療については、
万人が適用することが出来るのです。

現代の私たちにとっては、普遍的であることこそ、特別なことかもしれません。

そのような人の当たり前の在り方を、ヴェーダはその壮大な知恵を以て、
私たちに示してくれているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

2015年1月16日 アーユルヴェーダを知る上で大切なヴェーダ哲学とは、一体どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 アーユルヴェーダの基礎