ピッタ体質の人に適したアーユルヴェーダ的な生活とは、どのようなものがあるのでしょうか?




アーユルヴェーダが説く本来の健康の在り方とは、
「自然の法則に調和し、その中のひとつの存在として生きること」
と記述されています。

ですので、普段の生活から自然の流れに自らを調和させ、
自分の性質に合った健康の在り方を得ることが最終的な目標とも言えるでしょう。

では、ピッタの性質を強く持つ人に適した生活とは、
一体どのような生活なのでしょうか?

以下に、ピッタの人が意識すると良いとされる生活習慣についてまとめてみました。

 

◯ 朝食を抜かず、三食を規則正しく食べる習慣を作る
 (ピッタの人は小亜緑が強く空腹を我慢できない傾向があり、
  イライラして作業能率などが落ちる傾向がある。)

◯ 時間に追われ過ぎないよう、ゆとりを持って行動する

◯ 過剰な努力や無理をしないよう、リラックスできる時間を持つ

◯ 厚着をしたり、部屋の温度を上げ過ぎないようにする

◯ 激しすぎない適度な運動をする(水泳やスキーなど)

◯ 熱いお風呂に入らないようにする

◯ 夜のピッタ時間(22時〜26時)は就寝するようにする

 

ピッタとは、消化や燃焼といった火のエネルギーを持つドーシャで、
夏の暑い時期に最も活発となり、ピッタを増加させます。

よって、その時期の食生活や生活習慣には最も注意が必要であり、
なるべく心と身体を落ち着かせるように努めることが大切です。

また、ピッタの消化力はまるで火鍋のように強力なため、
食事を抜くと、自らの消化力の強さで消化器官を傷めてしまうことがあります。

また、アーユルヴェーダでは良いとされるスパイスも、
ピッタに対してはかなり限定されて処方されます。

よって、普段の料理の際でも、使用するハーブ類には注意が必要でしょう。

スポンサードリンク

2015年1月16日 ピッタ体質の人に適したアーユルヴェーダ的な生活とは、どのようなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)