一日のリズムをアーユルヴェーダで考えると、どうなるのでしょうか?




アーユルヴェーダでは、
一日の時間帯を3つのドーシャに分けて考えられることがあります。

ドーシャに影響を与える因子のひとつである「環境」であり、
その要素である時間もまた、ドーシャバランスに影響を
与えているとされているのです。

では、一日のリズムをアーユルヴェーダで考えたとき、
どの時間帯にどのドーシャが働きやすいとされているのでしょうか?

アーユルヴェーダでは、一日を4時間ごとに6つに分けて考えられており、
その時間帯ごとに、3つのドーシャがそれぞれ以下のように
影響しやすいとされてます。

 

◯ 6:00 ~ 10:00

カパが働きやすい時間。
よって、重く気怠い状態になりやすいので、
スッキリ目覚めたいときは6時前のヴァータの時間に目覚めることが奨められます。

 

◯ 10:00 ~ 14:00

ピッタが働きやすい時間。
一日で、一番エネルギッシュな時間でもあるので、
この時間帯に仕事をこなし、しっかり昼食を摂ることが奨められます。
(消化力がある時間帯であり、昼食に食事の比重を置くことが
 望ましいとされる理由となります。)

 

◯ 14:00 ~ 18:00

ヴァータが働きやすい時間。
よって、この時間に瞑想やヨガの呼吸法などを取り入れることで、
ゆとりや落ち着きを取り戻して仕事に望むことが奨められます。
また、可能であれば短い仮眠を摂ることも奨められるでしょう。

 

◯ 18:00 ~ 22:00

カパが働きやすい時間。
よって、消化がゆっくりになりやすいため、
この時間帯の食事(夕食)は軽めに住ました方が
良いとされる理由のひとつといわれます。

 

◯ 22:00 ~ 2:00

ピッタが働きやすい時間。
夜更かしをすると無性にお腹が空くのは、
ピッタの消化力の強さが影響しているといわれます。
ですので、10時前には睡眠できるように生活を整えるのが望ましいです。

 

◯ 2:00 ~ 6:00

ヴァータが働きやすい時間。
この時間にきちんと眠ることで、ヴァータを静め、
心身ともに安定した状態を保つことが出来るといわれます。

 

完璧にとはいかなくても、
以上のようなアーユルヴェーダの一日のリズムを意識することで、
ご自身をアーユルヴェティックな健康状態にに近づけることが出来ます。

是非、少しずつ普段の生活に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年1月16日 一日のリズムをアーユルヴェーダで考えると、どうなるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)