アーユルヴェーダのサットヴァ質の食材とはどのようなものがありますでしょうか?




心の質(グナ)とは、
「私たち個々の自我の芽生えが生んだエネルギー」だと、
アーユルヴェーダは教えています。

このトリグナと呼ばれる3つ属性の働きは、
私たちの心に大きな影響をもたらしているとされています。

そして、このトリグナの働きは
私たちの普段の食事の摂り方にも大きく関わっているのです。

では、このトリグナのひとつである「サットヴァ」質の食材には、
一体、どのようなものがあるのでしょうか?

サットヴァとは、純粋性を表すグナであり、
トリドーシャと言われる3つの体の性質のバランスをとる
エネルギーといわれています。

よって、このサットヴァ質の食材とは、
まさに、「新鮮で汚れのないパワーのあるもの」が挙げられます。

以下に、サットヴァ質の食材の例を挙げてみました。

 

◯ 炊きたての穀物

◯ 新鮮で、季節の旬の野菜

◯ 新鮮なフルーツ

◯ 豆類

◯ 新鮮な牛乳・母乳

◯ ギー・適量のバター

◯ ナッツ類

◯ はちみつ

◯ ハーブ類

◯ 新鮮な水

 

どれも、新鮮さや素材そのものの味を感じる食材ばかりですよね。

また、作り置きでない出来立ての食事も、
このサットヴァ質に含まれるといわれています。

このような食材を使った食事を続けていくと、
心が穏やかになり、心身ともに軽く明晰になっていくでしょう。

スポンサードリンク

2015年1月16日 アーユルヴェーダのサットヴァ質の食材とはどのようなものがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)