アーユルヴェーダのラジャス質の食材にはどのようなものがありますでしょうか?




心の質(グナ)とは、
「私たち個々の自我の芽生えが生んだエネルギー」だと、
アーユルヴェーダは教えています。

このトリグナと呼ばれる3つ属性の働きは、
私たちの心に大きな影響をもたらしているとされています。

そして、このトリグナの働きは
私たちの普段の食事の選び方・摂り方にも大きく関わっているのです。

では、このトリグナのひとつである「ラジャス」質の食材には、
一体、どのようなものがあるのでしょうか?

ラジャスとは、激性を表すグナであり、
トリドーシャでは、火のエネルギーであるピッタの性質と
深く関わるエネルギーといわれています。

よって、このラジャス質の食材とは、
「活動力を高める刺激のある食材」などが挙げられます。

以下に、そのラジャス質の食材の例を挙げてみました。

 

◯ 新鮮さを欠くヨーグルト

◯ コショウ

◯ 唐辛子

◯ 珈琲

◯ 卵

◯ チーズ

◯ 精製した砂糖

◯ 塩

◯ アボカド

◯ 柑橘類

◯ 一部のナッツ(ピーナッツなど)

◯ トマト・ケチャップ

 

一覧を見ると、どれも何となく強い刺激を感じる食材ばかりですよね。

ですが、コショウなどはもともと消化を促進する優れた食材であり、
摂り過ぎなければ問題はありません。

ラジャス質の食材は、活動力や想像力を高める食材ですので、
個々一番の勝負のときなどには、意欲を高めるひとつの手となるかもしれません。

ですが、そうでない普段は出来る限りラジャス質の摂取を避け、
サットヴァ質中心の食事を摂ることが望ましいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

2015年1月16日 アーユルヴェーダのラジャス質の食材にはどのようなものがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)