アーユルヴェーダにおける6つの味とは、どのようなものでしょうか?




食べものには、さまざまな味があり
人によって、その好みも別れてくるものです。

甘いものや酸っぱいもの、辛いもの、苦いものなど・・・

私たちの味覚を満足させてくれるさまざまな要素を
それぞれの食べものが、それぞれの特性として持っているのです。

では、この味に関して
アーユルヴェーダでは、どのように捉えているのでしょうか?

アーユルヴェーダでは
「6つの味」という6種類の味があるといわれています。

甘味・塩味・酸味・苦味・辛味・渋味が、その6つの味であり
それぞれの味は、3つのドーシャに影響を与えていると言われています。

以下は、その6つの味の性質についてをまとめたものです。

 

◯ 甘味
 (砂糖・蜂蜜・米・パン・ミルクなど)

 

五大元素の土と水から成り立ち、
同じ組み合わせを持つカパドーシャを増やし、ピッタやヴァータを減らします。

心身を落ち着かせて満足感を与えてくれる反面、
摂り過ぎると肥満や不活発性、依存性を招く原因となりやすいです。

 

◯ 塩味
 (塩を多く使った食事全般)

 

五大元素の水と火から成り立ち、
同じ要素を持つカパとピッタを増やし、ヴァータを減らします。

食事に風味を与え、食欲を促進する傍ら、
摂り過ぎると過剰な食欲による肥満や感情的な強い欲求を引き起こしてしまいます。

 

◯ 酸味
 (レモン・ヨーグルト・チーズ・トマトなど)

 

五大元素の土と火から成り立ち、
カパとピッタを増やし、ヴァータを減らす作用を持ちます。

ピッタは増え、知性や機知を増やしてくれますが、
摂り過ぎは、やはりピッタ過剰として潰瘍や
胸焼けなどの賛成の障害の原因となります。

 

◯ 苦味
 (緑黄色野菜全般・ゴーヤ・柑橘類の皮・ターメリックなど)

 

五大元素の空と風から成り立つ苦味は、
もっともヴァータに近い味であり、ピッタとカパを減らします。

苦味は、甘味や酸味、辛味の食事に対する欲求を抑えてくれる味で、
身体の組織に活気を与え、体を涼しくしてくれます。

ですが、過剰摂取は不安定さや乾燥、無力感を招く原因となります。

 

 辛味 
 (唐辛子・玉ねぎ・にんにく・スパイシーな食事全般)

 

五大元素の火と風から成り立つ辛味は、
ヴァータとピッタを増やし、カパを減らします。

新陳代謝を促し、消化力を高めてくれる傍ら、
摂り過ぎによって、喉の痛みや乾き、短気で怒りっぽい感情を招いてしまいます。

 

◯ 渋味
 (豆類・リンゴ・洋梨・ブロッコリー・ジャガイモ・緑茶など)

 

五大元素の風と土から成り立ち
ヴァータを増やし、ピッタとカパを減らします。

体を冷やし収縮させ、興奮を静める渋味ですが
摂り過ぎると、便秘やガスによる膨満感、恐怖心や不安感などを招いてしまいます。

どんな味も、良いところと悪いところがあり
それは表裏一体であることが多いものです。

ご自身の体質を知り、上手く6つの味を取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年1月21日 アーユルヴェーダにおける6つの味とは、どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)