アーユルヴェーダの薦めるスパイス(香辛料)にはどのようなものがありますでしょうか?




アーユルヴェーダでは、食事は身体への栄養補給としての意味だけでなく、
体調のバランスを整えるための「食事療法」の面を強く持っています。

ですので、アーユルヴェーダにとって、
食事やハーブ・スパイスは直接体を調えるお薬となります。

そして、現地のアーユルヴェーダの薬局には
数え切れないほどの薬(薬草やスパイス)が並んでおり、
この薬草やスパイスが、アーユルヴェーダの食事療法の要となっています。

では、このアーユルヴェーダが奨める身近なスパイスには
一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

◯ ターメリック

カレーの着色スパイスとして有名ですが、
健康食品としても、消化作用や新陳代謝の活性化を促す優れものといわれています。また、皮膚病にも使用されています。

 

◯ ブラックペッパー

定番の黒コショウですが、
酵素活性作用や便秘改善などの効能を持つ優れたスパイスなのです。
また、抗菌・防腐・防虫作用もあります。

 

◯ ナツメグ

独特の甘い香りやひき肉や野菜料理の臭み消しとしても有名ですね。
また、古くから健胃薬として消化を促すとされ、
また、便秘改善の効果もあると言われています。
美肌効果も期待できます。

 

◯ サフラン

高価なものが多いですが、
鎮静・鎮痛作用があり、婦人科系のトラブルにも効果があるといわれています。

 

以上が、アーユルヴェーダが奨めるスパイスの一例となります。

身近にあるスパイスを上手く取り入れることで
アーユルヴェーダの素晴らしい恩恵を授かってみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年1月21日 アーユルヴェーダの薦めるスパイス(香辛料)にはどのようなものがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)