アーユルヴェーダの手法・シロダーラの施術と効果とは、どのとうなものなのでしょうか?




パンチャカルマとは、アーユルヴェーダの浄化療法であり、
体内に蓄積された未消化のもの(アーマ)や
老廃物(マラ)等の汚れを体外に排出する5つの手法を表します。

予防医学であるアーユルヴェーダでは
このパンチャカルマの5つの方法によって心身のデトックスを行い、
体内の汚れを排出することで、滞ったエネルギーを正常な流れに調えていくのです。

では、このパンチャカルマには具体的にどのような施術があるのでしょうか?

パンチャカルマの施術のひとつに、「シロダーラ」という施術があります。

最近、日本人にも注目されるようになってきたシロダーラは
「脳のトリートメント」や「心の療法」とも呼ばれる施術で、
その癒し効果は素晴らしいものです。

温めたオイルを、第三の目と呼ばれる額にあるチャクラに垂らし続けるこの施術は、
脳に直接働きかけることで一種の瞑想状態へと導き、
深いリラックス状態へと私たちを導いてくれます。

また、鎖骨から上のトリートメントも行われ、
アーマやマラなどの体内の汚れをスムーズに流していきます。

よって、心まで浄化してくれるこのシロダーラは、
普段仕事などで脳を酷使している方や
眼精疲労、ストレス過多などで悩む方にお勧めの癒しの施術内容となります。

スポンサードリンク

2015年1月21日 アーユルヴェーダの手法・シロダーラの施術と効果とは、どのとうなものなのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(運動・呼吸法・施術法)