アーユルヴェーダが薦めるオイルでのうがいの効果とはどのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダの簡単にできるセルフ健康療法に
「ガンドゥーシャ」という白ごま油でのうがい方法があります。

このガンドゥーシャは、キュアリングした白ごま油を大さじ1ほど口に含み
口内全体に行き渡らせながらうがいをするという、
私たち日本人にとって少し驚きのうがい方法となります。

油でうがいと聞くと、なんだかベタベタして
気持ち悪いと思われる方もいるでしょう。

ですが、キュアリングした白ごま油はさらさらとしていて
無臭で不快感はそこまで強くはなく、慣れてしまえば意外と平気であったりします。

そして何より、この「ガンドゥーシャ」の効果がとても素晴らしいものなのです。

以下に、このガンドゥーシャの効果をまとめてみました。

 

◯ 免疫力が上がることで、風邪を引きにくくなる

◯ 虫歯や口内炎などを予防し、歯茎を強くすしてくる

◯ 咽喉を保湿し、声の調子を整えてくれる

◯ ほうれい線が減り、美肌へと導いてくれる

◯ 抜け毛や白髪を改善し、毛根を丈夫にし育盲効果もある

◯ 味覚を高めてくれる

 

このように、うがいを通して、声(のど)や目、肌、免疫力など
さまざまな部位でごま油が力を発揮してくれます。

また、実際に口内炎に困っていた私は
このごま油によるうがいを3日間続けたところ、見事に痛みがなくなりました。

それから、口内炎ができにくくなったことは言うまでもありません。

みなさんも、このガンドゥーシャの恩恵を授かってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

2015年1月24日 アーユルヴェーダが薦めるオイルでのうがいの効果とはどのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)