アーユルヴェーダと心身の清潔には、どのような関連性があるのでしょうか?




日本の衛生面の管理は世界でもトップクラスと言われており
その度合いは神経質と言っても良いほど、衛生面には配慮がなされています。

ですので、清潔という分野に関しましては
これ以上望むことはないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、アーユルヴェーダのいう「清潔」は
日本の衛生管理の清潔とは、少し意味合いが違います。

アーユルヴェーダでは
「病気は心身から起こる」と言われており
心の状態が体に影響を与えることの方が多いのだと教えています。

よって、心を健康にするための方法が数多く説かれているのです。

そして、そのために必要なことのひとつが、「心身を清潔に保つこと」

これは、日本のように物理的な潔癖を求めることではありません。

アーユルヴェーダのいう心身の清潔とは、
「心も体も、本来の在り様である清浄な状態に保ってあげること」

潔癖過ぎる環境では、私たちが生まれながらに持っている治癒力などは必要なく
その過保護な環境下によって、その力を弱めていってしまいます。

ですが、アーユルヴェーダのいう清潔な状態は
自らの免疫力を高め、心を穏やかにし、明日への活力を生み出します。

アーユルヴェーダの目指す自然と調和した健康とは
このような心身の清潔があってこそ実現される、穏やかで健やかな状態なのです。

スポンサードリンク

2015年1月26日 アーユルヴェーダと心身の清潔には、どのような関連性があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 アーユルヴェーダの基礎