アーユルヴェーダを知る上で役に立つ、ブッダの入門知識を教えてくださいますでしょうか?




「幸せ」というものをみなさんはじっくりと考えてみたことはありますか。

 

お金持ちになること

素敵な恋人と結婚すること

仕事で成功すること

 

それぞれの方の価値観によってそれぞれの幸せの形は違うでしょう。

ですが、それらは今を生きているからこそ叶い得ることなのです。

みなさんは、「ブッダ」についてどれくらいご存知でしょうか?

ブッダは、2500年ほど前に生きていた人で
「悟りをひらいた者」という意味を持ちます。

日本ではお釈迦様という名で、あまりに広く知られているため
私たちとは違う次元に生きる素晴らしい人だと思われがちですが
彼もまた、私たちと同じひとりの人間でした。

そんなブッダは「生きているすべての人が幸せになれる方法」
を見つけ、伝えた人でした。

それぞれ違う価値観を持った私たちみんなが幸せになれる方法・・・

それは、「ただ、今を生きること」。

ブッダは、80歳で亡くなるまで
この万人に共通する幸せについてを伝え続けました。

日本ではよく、ブッダとは仏教の創立者だと誤解されていることがありますが
ブッダは仏教をつくった人ではありません。

むしろ、自分自身を神様のように扱われることを嫌い、
自身の仏像を造ることや崇拝を禁止しました。

ブッダは、自身をみんなと変わらないひとりの人間だといい、
ひとりひとりが他者に依存心を持つことなく、
自分自身を生きることの大切さを伝え続けたのです。

私たちの命は、たったひとつ。

今に生きる自分自身を精一杯生きることが出来るのは、まさに自分自身だけ。

このブッダの尊い教えは、今も私たちの世界に生き続けています。

スポンサードリンク

2015年1月27日 アーユルヴェーダを知る上で役に立つ、ブッダの入門知識を教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 アーユルヴェーダの基礎