アーユルヴェーダの石鹸には、どのようなものがありますか?




アーユルヴェーダの伝承医学の大きな特徴のひとつとして
ハーブ(薬草)を用いた食事やマッサージなどが挙げられます。

アーユルヴェーダの世界では、ハーブはいろんな場面で用いられ
それぞれの治療で大切な役割を果たしています。

ハーブは、ひとりひとりの体質や症状に合わせて用いることで
本来の自然治癒力や健康状態を取り戻すことが出来ると、
アーユルヴェーダでは教えらているんですね。

ですが、ハーブの調合や使用は
アーユルヴェーダの技術者でなければなかなか難しい部分もあります。

だからこそ、もっと手軽にハーブの効果を感じられる方法があれば
嬉しいと思いませんか?

そこでお勧めしたいのが「アーユルヴェーダのハーブ石鹸」です。

アーユルヴェーダの教えに基づき
天然のハーブや植物エキスを有効に配合しているこの石鹸は
今、日本の医療現場やエステ業界でも注目されるように
なってきているほどの人気ぶりです。

石鹸に使用されている植物によって、さまざまな特徴や効果がありますので
それぞれの肌や好みの香りに合わせた石鹸を選ぶことが可能です。

また、動物性の成分を使用せず
植物の力でつくられた石鹸が多いのも人気のポイントとなっているんですよ。

日本では未だ、身近なお店で手軽に購入出来る状況とは言えませんが
インターネットなどで検索してみると、
たくさんアーユルヴェーダソープを販売しているサイトが出てきます。

インターネットですと種類も多く検索できますので
きっと、お好みのアーユルヴェーダソープが見つかると思いますよ。

スポンサードリンク

2015年1月28日 アーユルヴェーダの石鹸には、どのようなものがありますか? はコメントを受け付けていません。 スキンケア(オイル等)