アーユルヴェーダのオススメ書籍には何がありますでしょうか?




アーユルヴェーダの深い歴史に根付いた智慧に魅せられた方は
もっとアーユルヴェーダについて知りたい・学びたいと思われるかと思います。

ですが、いきなり専門の学校やサロンに行くのはハードルが高過ぎますよね。

そんなときにアーユルヴェーダについての書籍はとても役に立ちます。

アーユルヴェーダの智慧はその応用範囲の広さから
セルフケアのための書籍はもちろん、
本格的なアーユルヴェーダの理念などについての書籍まで
さまざまな特徴を持った書籍が販売されています。

その中でもお勧めの本を以下に2つ挙げてみました。

 

◯ 本当の自分を取り戻すアーユルヴェーダ
  (著者:ジュディス・H・モリスン / 出版社:産調出版)

 

アーユルヴェーダの初級の方向けの書籍ながら、
その内容の幅広さや充実度まさに本格派である本書。

全編がカラーで写真やイラストも多く使用されているため
アーユルヴェーダの初心者の方にも読みやすい仕様となっています。

また、一日のセルフケアの仕方にも力を入れており
実践的なアーユルヴェーダの書籍を探している方にも
ピッタリの書籍となっています。

 

◯ アーユルヴェーダ 日常と季節の過ごし方  
 ( 著者:V.B.アタヴァレー / 出版社:平河出版 )

 

アーユルヴェーダを通した健康法を
一日の流れに沿って解説していくスタイルとなっている本書。

また、ほとんどの記述に古典書の引用元が参考として書かれているので
本格的なアーユルヴェーダの知識を学びたい方にも
うってつけの書籍となっています。

また、巻末には広範囲にも売らした薬物の一覧もあり
初心者だけでなく専門家も一冊は持っておきたいアーユルヴェーダの知識書です。

上記以外にも、アーユルヴェーダについての書籍はたくさん販売されています。

是非、一度手に取って目を通し
ご自身にピッタリの書籍を探してみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年1月30日 アーユルヴェーダのオススメ書籍には何がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 アーユルヴェーダの基礎