ヴァータ体質の人に適したアーユルヴェーダ的食習慣とは、どのようなものがあるのでしょうか?




3つのドーシャのどの属性に当てはまるかにより
人それぞれ、適した食習慣も変わってきます。

ご自身に適した食習慣を選んで実践していくことは
その人の健康の状態を良好なものにし、
日々を活気ある充実したものへと変えてくれます。

では、風のエネルギーといわれるヴァータ体質の人は
一体、どのような食習慣を送ることが適しているのでしょうか?

まず、アグニという消化と代謝力の観点から
どのドーシャの人も、「朝食は軽く・昼食は充実させ・夕食も軽く」
という食事スタイルが基本となります。

この基本を踏まえた上で
ヴァータ体質の人に勧められる食事スタイルのは以下のようになります。
◯ 朝食は抜かない!

不規則さを生み出しがちなヴァータ体質の人は
生活や心身のリズムを安定させるためにも
決まった時間に食事を摂ることが大切となります。

食欲がない朝には
お粥など、消化の良いあたたかいものを摂取すると良いでしょう。

 

◯ 上質な油分を摂取する

ヴァータというドーシャには
「乾燥」という風の質ならではの特徴があります。

よって、乾燥による便秘などの症状がヴァータ体質の方には良く見られ
適度な油分の摂取によって、体内にも潤いを与えることが効果的と言えます。

調理の際の油の使用はもちろん、パンにはバターを塗ったり
サラダのドレッシングは油性のものをかけるなどして、
適度に補うようにすると良いでしょう。

 

◯ あたたかいものを摂取する

ヴァータを静める食事の例として
「あたたかいもの」という特徴があげられます。

よって、生ものをたくさん摂るのではなく
火を通した野菜や熱を加えたフルーツ、
あたたかいスープやお粥などの摂取が望ましいです。

あたたかい食事で体の中を温めてあげることで
ヴァータの増加を防いでいきましょう。

 

ヴァータのドーシャバランスは
もっとも乱れやすく不安定になりがちだといわれています。

ご自身の体の状態を観察する癖をつけ取り入れられそうな食習慣から実践し
ご自身の心地よいバランスを探してみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月7日 ヴァータ体質の人に適したアーユルヴェーダ的食習慣とは、どのようなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)