ピッタ体質の人に適したアーユルヴェーダ的食習慣とは、どのようなものがあるのでしょうか?




3つのドーシャのどのタイプに当てはまるかにより
それぞれ、適した食習慣も変わっていきます。

ご自身に適した食習慣を選んで実践していくことは
その人の健康の状態を良好なものにし、日々を活気あるものへと変えてくれます。

では、火のエネルギーといわれるピッタ体質の人は
一体、どのような食習慣を送ることが適しているのでしょうか?

ピッタ体質の人ももちろん
「朝食は軽く・昼食は充実させ・夕食も軽く」
という共通の食事スタイルが基本としています。

ですが、消化力の強いピッタ体質の人ならではの留意点も存在します。

それらを踏まえた上で、ピッタの人にオススメする食習慣は以下の通りです。

 

◯ 食事を抜かない

火のエネルギーを持つピッタ体質の人は
その消化力が強さから空腹を我慢出来ず
イライラして仕事などに集中出来なくなってしまう傾向があります。

また、胃が空っぽの状態が続くと
過剰な胃酸で消化器官を傷めてしまう危険もありますので
3食を規則正しく摂る習慣をつけると良いでしょう。

 

◯ 朝食は甘味のあるフルーツを

調理プルーンやイチジク、リンゴ、梨など
甘味のある新鮮なフルーツは、過剰なピッタを静めてくれます。

冷性の食べものもピッタには効果的ですので
フルーツはまさにピッタの人に適した食材といえるでしょう。

 

◯ 冷却作用のあるスパイスを摂る

ピッタというドーシャはその性質から
他のドーシャと比べて適したスパイスが限定されます。

ですがフェンネルやクミン、ターメリックといった
冷却作用のあるスパイスを調理に加えることで
過剰なピッタを静めることが出来るため、とても効果的です。

 

過剰なピッタの増加を防ぐ食習慣を身につけることで
穏やかな心身を取り戻していかれることを祈っています。

スポンサードリンク

2015年2月7日 ピッタ体質の人に適したアーユルヴェーダ的食習慣とは、どのようなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)