普通のヨガとマタニティヨガの違いとは何でしょうか?




マタニティ・ヨガに興味を持たれる方の中には
普通のヨガとの違いは何なんだろう?
と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、マタニティヨガと聞くと
なんだか特別なことを行うヨガなのかなと思われるのも
無理がないような気がします。

ですが、マタニティヨガも普通のヨガも
特にジャンルなどの特別な違いがあるわけではありません。

どちらも、心地よくヨガのポーズをとることで
カラダや心を整えていこうという目的は同じなのです。

ですが、マタニティヨガは出産を控えた妊婦さんのためのヨガです。

よって、妊婦さんならではの問題にアプローチ出来るポーズや
安産に向けた骨盤周りのストレッチ要素の高いポーズ、
そして赤ちゃんの存在を最大限に考慮したお腹を圧迫しないようなポーズなど
妊婦さんと赤ちゃんに優しいヨガを行っていくことを
第一の目的としていることは普通のヨガとの違いでしょう。

また、早期の流産の危険性がある妊娠初期(16周目くらいまで)は
マタニティヨガは原則として行わないことが約束となっています。

それ以外のことでは
マタニティヨガでも普通のヨガでも大きな違いはありません。

そして、どちらのヨガも
無理のない範囲で、そのときのご自分の声を聞きながら

心地よくヨガの呼吸・動きを行っていくことが一番大切なことでしょう。

スポンサードリンク

2015年2月7日 普通のヨガとマタニティヨガの違いとは何でしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎