マタニティヨガを効果的に行うために〜女性ホルモンについて詳しく教えてくださいますでしょうか?




女性のカラダは、とても繊細でダイナミック。

男性と違い、一月の間に体調や精神状態が変化しやすいという繊細さであったり
その反面、妊娠・出産という新しい命を生み出す
大きなパワーも持ち合わせています。

まさに、二面性を持つといわれる女性ならでは、ですね。

そして、相反するこの状態には
「女性ホルモン」が大きく関係していることをご存知でしょうか。

「女性ホルモン」とは女性らしい身体を作るため
脳が指令を出し、卵巣で作られる2つのホルモンの総称をいいます。

女性の心と体は、この2つの女性ホルモンの働きに
大きく影響を受けてているのです。

そして、2つのホルモンにはそれぞれ異なる働きや役割があり、
28日という周期によって分泌される時期が異なります。

この2つのホルモンの働きは、以下の通りです。

 

◯「エストロゲン」

〈働き〉

女性らしさを作るホルモンで
女性らしいカラダを作り、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしてくれます。

また、自律神経や感情の動きにも大きく関わっており
エストロゲンが分泌する時期は、心もカラダも安定しやすい傾向があります。

〈分泌時期〉

生理の終わり頃から、排卵前にかけて分泌が多くなり
基礎体温は低温相を示します。

 

◯ 「プロゲステロン」

〈働き〉

妊娠を助けるホルモンで
受精卵を子宮内膜に着床しやすい状態にととのえてくれます。

そして、妊娠後は妊娠継続をさせる働きをします。

また、プロゲステロンの分泌の多い時期は黄体期と呼ばれ
生理前のさまざまな不調が出やすい傾向があります。

(頭痛・腰痛・むくみ・食欲増進・肌荒れ・精神的不調など)

 

〈分泌時期〉

排卵後から次の生理にかけて分泌され
基礎体温は高温相を示します。

 

近頃よく聞かれるPMSの症状などの
女性ならではの生理にまつわる悩みは
この2つのホルモンのリズムやバランスによって生じていることが多いのです。

女性ならではの辛い症状は
女性に生まれたからには致し方ない部分もあるかもしれませんが
女性ホルモンの知識を持つことで
その悩みの解決策や、やり過ごし方を見つけることもできるでしょう。

ご自身のカラダをもっと深く知ることで
もっとハッピーに、女性としての人生を楽しんでいけたら素敵ですね。

スポンサードリンク

2015年2月7日 マタニティヨガを効果的に行うために〜女性ホルモンについて詳しく教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎