マタニティヨガを効果的に行うために〜妊娠と女性ホルモンの関係を教えてくださいますでしょうか?




ご自身の2つの女性ホルモンのリズムを知るためにも
「基礎体温」を測ることは欠かせません。

この基礎体温を測ることで
ご自身の女性ホルモンのリズムを把握することができます。

また、基礎体温の測定は
妊娠を望まれる方にとっても、とても大切なもの。

なぜなら、妊娠しやすい時期といわれる排卵期が
それぞれの女性のホルモンのリズムによって、変わってくるからなのです。

では、この排卵期と妊娠にはどのような関係があるのでしょうか。

「排卵」とは一月に一回卵巣から成熟した卵子が飛び出すことをいいます。

生理後の低温相だった基礎体温が
ぐぐっと上がって高温相に入るときが、排卵のサインであり
その4〜5日後に排卵期が訪れます。

この時期にセックスをすることで
男性のペニスから膣に出されたうちの一個の精子と
飛び出した卵子が受精することができ、「受精卵」が誕生します。

そして、この受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を移動し
約1週間後に子宮に到着して、子宮内膜に「着床」します。

これが、妊娠までの一連の流れなのです。

よって、基礎体温を測ることで女性ホルモンのリズムを認識することができるため
妊娠しやすい排卵期が予測出来るようになり、
赤ちゃんを授かりやすくすることが出来るのです。

もちろん、基礎体温の測定は妊娠を望む方だけでなく
すべての女性が基礎体温を測ることを、私はお勧めしています。

基礎体温を通してご自身のカラダのリズムを知ることは
女性特有のさまざまな症状の解決策を見つける大きな手がかりとなるからです。

是非、これを機会にご自身のカラダをもっと知ろうと意識してあげてくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月7日 マタニティヨガを効果的に行うために〜妊娠と女性ホルモンの関係を教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎