マタニティヨガを効果的に行うために〜女性ホルモンに良い食事レシピとは何でしょうか?




女性ホルモンは、女性らしさを保ち
赤ちゃんを授かるために必要なものであると同時に
生きていく上での身体機能を健やかに保つという大きな役割を担っています。

よって、女性が健やかに美しく生きていくためには
この女性ホルモンを意識して生活してあげることがとっても大切なのです。

でも、具体的にどのようなことをすれば
女性ホルモンのバランス調えることが出来るのでしょうか。

そこで、まず意識して欲しいのが「普段のお食事の内容」です。

女性ホルモンを分泌させてくれる食材の代表格に以下の5つがあり
これらを積極的に摂取することで、女性ホルモンを整える効果が期待出来ますよ。

 

◯ 大豆食品

女性ホルモンに有効な食材といえば
まず、この大豆食品を思い浮かべる方も多いでしょう。

納豆や豆腐に含まれる大豆イソフラボンは
女性ホルモンと同様の働きをし、
女性ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

 

◯ アーモンドなどのナッツ類

ナッツ類に含まれるオメガ3系の脂肪酸は
ホルモン分泌を司る脳下垂体のストレス飯能を緩和してくれます。

また、多く含まれるビタミンEの抗酸化作用によって
美肌などアンチエイジング効果も期待出来ますよ。

 

◯ 卵黄

良質なコレステロールの他にも豊富な栄養素を含む卵は
生殖器系やホルモンバランスを調え、
肌の健康を維持してくれる効果が期待出来ます。

 

◯ かぼちゃなどの緑黄色野菜

ビタミンEが豊富なかぼちゃなどの緑黄色野菜は
脳下垂体や卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌をコントロールしてくれます。

積極的に摂取し、女性ホルモンの分泌を促しましょう。

 

◯ マグロの赤身やカツオ

お魚には、女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれています。

特に、赤みのマグロやカツオにはオススメです。

また、バナナからもこのビタミンB6を多く摂取することが出来ますよ。

 

女性ホルモンをアップさせるサプリメントなどが市場では話題となっていますが
やはり、普段から摂取するお食事の内容には敵わないのではないでしょうか。

女性ホルモンを意識したお食事を心がけて
ますます健やかで女性らしい心身を育んでいってくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月13日 マタニティヨガを効果的に行うために〜女性ホルモンに良い食事レシピとは何でしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)