マタニティヨガと食事 〜妊娠中の妊婦さんの食事の摂り方について、気をつけるべきことは何でしょうか?




妊娠中のお母さんのカラダは
まさに赤ちゃんと一心一体の状態。

ご自身のカラダでありながら
お腹にはもうひとつの違う命が宿っているという
なんとも不思議で責任重大な状態ですね。

もう、ひとりのカラダではないのです。

よって、妊娠中の食事の摂り方には
いつもとは少し違う意識を持つことが大切といえるでしょう。

以下に、妊娠中の妊婦さんの食事の摂り方のポイントを
まとめてみましたので御覧くださいね。

 

◯ カルシウムと鉄を積極的に摂る

妊娠中に積極的に摂取するべき栄養は
カルシウム・鉄分・養蚕・タンパク質・ビタミンB群、C、Dなど多岐に渡りますが
まずは、何と言ってもカルシウムと鉄分の摂取を心がけましょう。

赤ちゃんはお母さんの血液から必要な栄養を摂取しているため貧血になりやすく、
また、赤ちゃんの骨を丈夫につくるためにはカルシウムは欠かせません。

乳製品や小魚、肉や魚などから積極的に摂取しましょう。

 

◯ 規則正しい食生活 + α

妊娠初期のつわりや安定期の食欲増進など
妊娠中の食事は、なかなかいつも通りにはいかないもの。

出来るだけ決まった時間に食事を摂ることは大切ですが
ご自分の状況に合わせて食事のペースを変えていくことも必要ですよ。

無理して一日でバランスをとろうとせず
数日かけて必要な栄養素を摂取出来るようにしていきましょうね。

 

◯ 水を飲みましょう

赤ちゃんの必要な栄養はお母さんの血液中の水分に溶け込んで運ばれます。

よって、水分不足では栄養を運ぶ力が鈍くなってしまいます。

一日2Lを目安に、小分けにして
水やお茶などでたっぷり水分をとりましょう。

 

妊娠中のお母さんのカラダや心は繊細で、とても変化しやすいものです。

ですので、食事面を無理をして頑張るのではなく
意識だけは忘れずに持ち続けて、ゆるゆるマイペースにおこなっていきましょう。

スポンサードリンク

2015年2月14日 マタニティヨガと食事 〜妊娠中の妊婦さんの食事の摂り方について、気をつけるべきことは何でしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)