マタニティヨガと食事 〜妊婦さんが積極的に摂るべき食材を教えてくださいますでしょうか?




妊娠中は、その周期によって積極的に摂りたい食材が変わっていきます。

それは、妊娠初期や中期、後期によって
赤ちゃんの成長過程やお母さんの状態も変わっていくため。

では、妊娠の初期・中期・後期でとるべき食材には
それぞれ、どのようなものがあるのでしょうか。

 

◯ 妊娠初期

つわりが酷くなる妊娠初期の時期は
胃の不快感や吐き気によって、十分に食事を摂れないことも多いでしょう。

ですので、無理して食べようとせず
「食べたいときに食べたいモノを食べよう」という気持ちでいても良いでしょう。

ですが、赤ちゃんの大切な期間が形成される時期ですので
タンパク質やカルシウム、鉄分などは意識して摂るようにしましょうね。

また、この時期のビタミンAの過剰摂取は
赤ちゃんを奇形発症率を上げてしまいますので、
出来る限り控えるようにしましょう。

 

◯ 妊娠中期

赤ちゃんの成長を実感出来る妊娠中期は
安定期に入るため、つわりもおさまり、食欲も増していきます。

よって、この時期にたくさん食べ過ぎて
体重が増加し過ぎてしまう妊婦さんも多くいらっしゃいます。

よって、ビタミンCが豊富な柑橘系のフルーツや
鉄分やカルシウムがほうれん草や小松菜、良質なタンパク質の鮭など
栄養価が高い低エネルギーのものをバランス良く摂取するようにしましょうね。

 

◯ 妊娠後期

お腹も大きくなって、赤ちゃんの動きが活発となる妊娠後期。

胃が子宮に圧迫されるため
必要な食事量を一度に摂るのが難しくなる方もいらっしゃるでしょう。

また、妊娠高血圧症候群や糖尿病などに注意が必要な時期ですので
塩分を極力控えた、薄味の食事を心がけましょう。

また、赤ちゃんの成長に伴い
必要な鉄分の量も増えていきますので意識して摂取をしましょうね。

そして、食物繊維が豊富な玄米や胚芽米、貧血予防に効果的な胡麻、
そして、良質なタンパク質の鶏むね肉などの摂取がオススメです。

 

赤ちゃんの成長や母体の変化により
必要な栄養は少しずつ変わっていきます。

ご自身や赤ちゃんの変化を観察しながら
必要な栄養を日々取り入れていってあげてくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月14日 マタニティヨガと食事 〜妊婦さんが積極的に摂るべき食材を教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)