マタニティヨガのレッスンを通して広がるコミュニティーとはどういうものでしょうか?




妊娠中とは、女性の一生の中で
もっともアンビバレントな感情が押し寄せてくる10ヶ月です。

新しい命を授かっているという満ち足りた状態でありながら
死と隣り合わせの大きな責任を、お母さんひとりで抱えています。

また、妊娠を期に、それまで当たり前におこなっていた
日常的な行動を制限されたりと
自尊心が揺らぎ低下していってしまう時期でもあるといえます。

これらの感情は、「孤独感」を生みがちです。

「孤独感」とは、誰もが堪え難い、とてもとても辛いもの。

妊娠中の繊細な心とカラダに
このような感情を根付かせることは決して良いこととはいえませんよね。

そんなとき、マタニティヨガのレッスンを通じて広がるコミュニティーが
妊婦さんたちの助けになることがあります。

マタニティヨガレッスンに参加している妊婦さんたちは
いわば、出産を控えて日々を一生懸命生きている「仲間」のような存在です。

あなたと同じような悩みや不安を抱え
マタニティヨガのレッスンに足を踏み入れた方もいらっしゃるでしょう。

同じ立場にいる者同士だからこそ
心から分かり合えること、必要な情報を交換し合えることがあると思います。

そのような繋がりはきっと
とても心強い存在になってくれるでしょう。

そして、そんな方々と知り合える機会を
マタニティヨガのコミュニティーは実現してくれるのです。

また、マタニティヨガのインストラクターは
ひとりひとりの生徒さんを受け入れ、優しく見守ってくれます。

何かあったときは
インストラクターという立場で相談に乗ってくれたりもするでしょう。

そのような先生や仲間と時間を共有出来ることは
やりきれない孤独感を癒すかけがえのない時間となっていくのではないでしょうか。

マタニティヨガのレッスンを利用して
妊娠中のかけがえのない時間を大切に過ごしてみてくださいね。

ひとりで抱え込まずに
マタニティヨガという存在に頼ってみても良いんですよ。

スポンサードリンク

2015年2月14日 マタニティヨガのレッスンを通して広がるコミュニティーとはどういうものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 スクール・教室