マタニティヨガを自宅で行うのに有効なプロップス(補助道具)とは、どのようなものでしょうか?




ヨガとは、すべての人のためにあるもの。

誰もが無理なく、ご自身の適度な運動をおこなうことができるのが
ヨガという素晴らしい智慧がもたらすエクササイズ方法なのです。

よって、ヨガをおこなう際はご自身の心とカラダと向き合いながら
ひとつひとつのポーズを加減してあげることがとても大切なこととなります。

「痛いな、苦しいな」と感じるところまでポーズを行ってしまうのは
繊細な妊婦さんにはもちろん、すべての人にオススメ出来ないのです。

では、そのポーズ加減はどのように行ってあげれば良いのでしょうか。

この「ポーズの緩和」には、色々な方法があり
ちょっとした意識やカラダの動きの変化でポーズを緩めることも可能です。

ですが、マタニティヨガを行う妊婦さんに一番お勧めなのは
「プロップス」という補助道具を使うこと。

椅子やボルスター、ラグ、ブロックなど、
実際のマタニティヨガのレッスンの中では
これらのプロップスを多用することで、
妊婦さんの動きをサポートする場面が多々あるんですよ。

妊婦さんは赤ちゃんの成長に伴って日常的な動きが制限されていき
大きなお腹を支えながらご自身のバランスをとるため、
日々とてもパワーを使っています。

腰痛や肩こりなど
日常の動作の力みからくる症状に悩まされる方も少なくないのです。

そこで、そんな力みを軽減し
心地よくカラダをストレッチ出来るようにサポートするのが
この「プロップス」の役割となるです。

このプロップスは、身近なもので代用出来るものも多くありますので
ご自宅で1人でヨガをおこなうときも活用していただければと思います。

プロップスを使いながらご自身の心地よいヨガを探っていきましょうね。

スポンサードリンク

2015年2月18日 マタニティヨガを自宅で行うのに有効なプロップス(補助道具)とは、どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 関連用品、グッズ