マタニティヨガにおいて月のリズムと女性のカラダにはどのような関係があるのでしょうか?




みなさんは、月をゆっくりと眺めたことはありますか?

昼間、私たちの活動を明るく照らしてくれる太陽とは少し違う
どこか優雅で物静かな印象をもっている月。

月を見るとホッとしたりするのは
夜という静かな時間がもたらしているだけではなく
太陽から間接的に光を得ているという
その奥ゆかしい輝きから得られる安らぎなのかも知れません。

ですが、こんな奥ゆかしい印象の月には
たくさんの不思議なパワーが秘められているのです。

月の満ち欠けは引力という方法で海の満ち潮・引き潮をコントロールしています。

よって、全体の70%が水で出来ている人間の心とカラダも
その月の力の影響を受けていることは、
不思議でありながらも考えられることでしょう。

そして、その中でも特に女性は
月と大きな関わりや共通点があるといいます。

月の満ち欠けのサイクルは29.5日で
女性の理想的な月経のリズムとほとんど同じであり
女性は、この月のリズムに合わせた生活を意識することで

ますます女性性を活性化することができるといわれているのです。

「新月」 「上弦の月」 「満月」 「下弦の月」
という満ち欠けのようすには
私たち女性の心とカラダを知る上でのたくさんのヒントが隠されています。

まずは、いつも何気なく見ていた月を毎夜、観察してみましょう。

きっと、女性であるご自身との不思議な同一性を
日々の月のようすから感じ取ることが出来ることでしょう。

月の不思議なパワーを是非、
まず身近なところから体感してみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月18日 マタニティヨガにおいて月のリズムと女性のカラダにはどのような関係があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎