マタニティヨガを効果的に実践するために〜流産について、詳しく教えてくださいますでしょうか?




赤ちゃんを望むご夫婦にとって
授かった赤ちゃんの流産という結果は
あまりにも悲しく、厳しい現実です。

とくにお母さんの立場とすれば
「自分の生活の仕方に問題があったんじゃないか」など
その原因をご自身の責任として捉えてしまう方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、流産の半数は
赤ちゃん自身の染色体や先天性の異常がある場合に起こる
自然淘汰であるといわれています。

では、この流産にはいったいどのような種類があるのでしょうか。

赤ちゃんが子宮外で生きていけない
妊娠22周目より前に妊娠が終わることを
総合して「流産」といいます。

そして、この流産は大きく分けると
以下の『切迫流産』『繁留流産』の2つに分類されます。

 

○ 切迫流産

赤ちゃんが子宮に残っており
流産の一歩手前であることを「切迫流産」といい
ほとんどの場合妊娠継続が不可能な状態となりますが
妊娠継続の可能性が残されていることもあります。

妊娠12周までの初期の段階の切迫流産に有効な薬はないといわれおり
安静に過ごすことがもっとも効果的であるとの報告もあります。

 

○ 繁留流産

赤ちゃんは死亡しているのに
まだ出血や腹痛などの自覚症状がない流産のこと。

婦人科の診察により始めて確認され
治療法として、子宮内容除去手術をおこなうのが一般的ですが
外来による、自然排出を期待する場合もあります。

 

流産は、妊娠12周未満の早い時期のものが
全体の80%を占めています。

また、妊娠の15%前後が流産を経験しうるとの統計もあり
多くの女性に起こりうる疾患であるともいえます。

そして先述の通り、この早期流産の原因は
赤ちゃんの先天性の異常によるものであることが多いのです。

ですので、あまりビクビクせずに
リラックスした時間を持ちながら過ごされるのが一番でしょう。

ですが、3回以上の習慣流産の場合は
両親に何かしらの原因があることも考えられます。

そんなときは、専門医療機関で検査を受けることをおすすめしますが
原因がハッキリしないことが多いのも、この特徴となります。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガを効果的に実践するために〜流産について、詳しく教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎