マタニティヨガのポーズにおいて意識しておきたいカラダの部分とはどこなのでしょうか?




妊娠中の妊婦さんには、変化がつきもの。

ホルモンバランスの影響によりカラダの柔軟性が変わったり
大きくなっていくお腹を支えるために腰や背骨に負担がかかったりという
体の物理的な変化も、大きな変化のひとつですね。

そして、変化を受け止め、自然に身を任せることも大切ですが
改善出来ることは改善し、
充実したハッピーな妊娠期や出産を迎えられてら良いですよね。

そこで、マタニティヨガを通して実践していただきたいのが
妊娠期の生活や出産に有効なカラダの部分を意識して動いていくこと。

意識を向けるだけで、人はその意識の先の部分を
効果的に鍛えることが出来るといわれているのです。

では、妊婦さんがマタニティヨガを通して意識していきたいカラダの部分とは
具体的にはどのような部分なのでしょうか?

赤ちゃんの成長とともに大きくなっていくお母さんのお腹は
それまでのカラダのバランス感覚では支えることが難しいもの。

よって、腰を反らせてお腹を支えるようになり
背骨の自然なS字カーブがのバランスが崩れやすい傾向があります。

そして、腰を反らせることでバランスをとろうとするため
腰痛や肩こり、首の痛みを伴うこともあり得るのです。

そして、妊娠による骨盤の広がりによって
骨盤の仙骨や恥骨にも痛みが出ることも。

これらを意識的に改善していくには
「骨盤」や「骨盤周りの筋肉群」を鍛えていくことが有効です。

骨盤は、カラダの中心に存在するカラダの核ともいえる部分。

この骨盤を整えることで
カラダのさまざま悩みを改善に繋がるといっても過言ではありません。

マタニティヨガでも
この骨盤周りを意識したポーズを多くおこなっていきますので
意識して学び、取り組んでいきましょう。

そして、腰痛や肩こり、首の痛みなどスポット的な悩みにも
それぞれの悩みに対応したヨガのポーズの智慧を活かすことで
少しずつ、生活の中へとヨガの学びを取り入れていきましょう。

意識して、ご自身のカラダを見てあげることで
それまで気付かなかったご自身のカラダの状態に
気付くことが出来るかもしれません。

カラダの核といえる大切な骨盤周りを中心に
マタニティヨガを通し、ご自身のカラダを意識して観察してみてあげてくださいね。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガのポーズにおいて意識しておきたいカラダの部分とはどこなのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎