マタニティヨガを効果的におこなうために気をつけたい、オーバーストレッチとはどのような状態でしょうか?




妊娠中の妊婦さんの心とカラダは
とても目まぐるしく変化しやすいものといわれます。

ホルモンバランスの関係で
心身的にイライラしたり、なぜだか分からないけど悲しくなったり・・・

女性のカラダは、良くも悪くも
このホルモンバランスに大きく影響されていると言っていいでしょう。

そして、妊娠中のカラダの変化で良く見られるのが
「カラダの柔軟性が増すこと」。

これは一見、とても良いことのように思えますし
マタニティヨガをやってみようと考えている方は
このチャンスを期に、ご自身のカラダの柔軟性を
高めようと考えられる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、妊婦さんの過度なストレッチは注意が必要なことをご存知ですか?

妊娠中には「リラキシン」というホルモンが分泌されることで
普段より体が柔らかくなり、
普通のストレッチでは筋肉の伸び感を感じられなくなったりします。

特に、骨盤周りはとても柔軟性が増すため
開脚系のポーズはとても楽におこなえるようになるでしょう。

ですが、こんなときに起こりやすいのが
「妊婦さんのオーバーストレッチ」という現象なのです。

筋力を使いながらのストレッチは
骨盤周りの強化にも繫がるため安全といえますが
重力にまかせた長時間のストレッチなどは
骨盤周りを過度に伸ばしてしまい、違和感を生みやすいのです。

ですので、ゆったりとストレッチしてあげた後は
ぎゅっと引き締める動作をおこなってあげることで
バランス良く、骨盤周りをしなやかに鍛えていくことが出来ますよ。

是非、マタニティヨガをおこなう際には意識して気をつけてみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガを効果的におこなうために気をつけたい、オーバーストレッチとはどのような状態でしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎