マタニティヨガにおいての禁止・注意事項とはどのようなことでしょうか?




マタニティヨガとは妊婦さんに向けたヨガであるために
通常のヨガとは違った「守るべき禁忌事項」が存在します。

これらは、おうちでひとりでマタニティヨガをおこなう方には
特に注意をしてもらいたい事項となりますので

スタジオなどに通わずにマタニティヨガをやっていこうと考えている方は
特に留意して御覧になっていただければと思います。
【マタニティヨガにおける禁忌事項】

◯ 環境

寒過ぎたり暑過ぎるといった過酷な状況はマタニティヨガには向きません。

快適な温度を保ち、心がリラックス出来るような
環境づくりを意識しておこないましょう。
◯ 禁止のポーズ

• うつ伏せのポーズ

お腹に圧力がかかるポーズは
どんなポーズであっても妊婦さんには向きません。
• 腹筋を使うポーズ

赤ちゃんがお腹の中にいることを意識すれば
おのずと、腹筋でお腹を締め付けるようなポーズは避けてきたいと思いますよね。
• 仙骨と恥骨に圧力がかかるポーズ

骨盤周りに過度の圧力はかけないようにしましょう。
• 強いねじりのポーズ

お腹に負担や刺激が大きいポーズは避けましょう。
• 立ち姿勢(ポーズ)を長く続けること

貧血を招きます。

立ちポーズは少なめにおこないましょう。
• 反動をつけたストレッチ

オーバーストレッチの原因となります。
• クンバカ

呼吸を意図的に止めるようなことは
マタニティヨガでは避けましょう。
• 支えのないバランスのポーズ

とても危ないです。

つかまれる椅子やプロップスなどを用意して
気をつけておこないましょう。
以上の禁忌事項を心に留めて
安全にマタニティヨガを楽しんでいきましょうね。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガにおいての禁止・注意事項とはどのようなことでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎