マタニティヨガのウォーミングアップポーズやストレッチでは、どんな動きがオススメでしょうか?




準備運動は、カラダを動かしやすくするだけでなく
運動時の怪我の予防などにも繫がる、とても大切なもの。

そして、マタニティヨガをおこなうにあたっても
ヨガでカラダを動かすための準備をすることは
心地よいヨガの時間をつくっていくために必要不可欠なことです。

では、一体どのような準備運動をして
マタニティヨガをおこなっていくと良いのでしょうか?

準備運動には、「ウォーミングアップ」と「ストレッチ」の2つがあり
どちらも、欠かせない大切なものです。

ですが、特にストレッチ要素の大きいヨガを行っていく上では
前者の「ウォーミングアップ」が重要なものになってきます。

ですので、ヨガの前はウォーミングアップでカラダをあたため
徐々にカラダを動かしていきましょう。

以下に、オススメの手軽なウォーミングアップをご紹介していきますね。
◯ 大きく深い呼吸

深い呼吸は、冷えのもととなる炭酸ガスを吐き出させ
全身に新鮮なプラーナを行き渡らせ、カラダをぽかぽかと温めてくれます。

よって、瞑想のときなどに呼吸を大切におこなってあげることで
手軽に、ウォーミングアップ効果を期待出来ます。
◯ カラダを優しくマッサージしてあげる

腕を上げたり、脚の裏を伸ばしたりという動きは
事前のちょっとしたマッサージで、その可動域を広げることが出来ます。

脇の下や膝の裏、首などの
大きなリンパがあるところを意識しながら
優しくカラダをマッサージしてあげましょう。

また、マッサージの際は
両手を擦り合わせるなどして、温かい手でおこなってあげると良いでしょう。
◯ 足湯や手浴

おこなえる環境は限られてしまいますが
ヨガの前の足湯や手浴をすることで
末端から全身を温め、手や足のグラウディングを力強く楽にしてくれます。

おうちなどでヨガをおこなう際に
冷えの予防も兼ねて取り入れてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガのウォーミングアップポーズやストレッチでは、どんな動きがオススメでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎