マタニティヨガはどれくらいの時間おこなうと効果的なのでしょうか?




安定期から産後まで、体調に合わせた適度な運動をおこなえるマタニティヨガは
是非、日々の習慣のひとつとして取り入れていただきたいくらい素晴らしいもの。

妊娠中という女性の転機ともいえる時期に
マタニティヨガをおこなっていくことで
お母さんのカラダと心に、とても良い作用をもたらすことができます。

マルチタスクな作業が求められる日々の中で
マタニティヨガを通しご自身と向き合うシングルタスクの時間を確保していくことは
妊娠中はもちろん、育児や家事などの毎日の営みをスムーズに運ぶ
キッカケとなてくれるでしょう。

では、このような素晴らしいマタニティヨガは
どれくらいの時間おこなうことが薦められるのでしょうか?

マタニティヨガではないヨガでも
「決して無理はしないように」という前提のもと
プラクティスを進めていきます。

ご自身がそのとき出来る範囲で
ご自身の心とカラダの声を聞きながらおこなっていくのが
この「ヨガ」という教えなのです。

ですから、妊婦さんがおこなうマタニティヨガも
同じように、はたまたそれ以上にご自身の無理のないよう
ご自身との優しい対話を繰り返しながらおこなっていくことが大切となります。

また、時間の参考としましては
スタジオでのマタニティヨガのクラスは、だいたい60分前後のものが多いです。

ですが、この時間にとらわれる必要はなく
あくまで目安として意識していただければと思います。

時間よりも、前述のように
そのときのご自身の体調に合わせた時間でおこなっていくのがベストです。

また、一度にたくさんマタニティヨガをしなくても
気付いたときのスキマ時間に、
ちょこちょこポーズをとってあげるのも効果的ですよ。

軽いウォーキング(散歩)などと上手く組み合わせながら
無理なくマタニティヨガを継続していってくださいね。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガはどれくらいの時間おこなうと効果的なのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎