目的別・妊婦さんにオススメのマタニティヨガのポーズ 〜臨月にオススメのポーズ〜




マタニティヨガは、始めるのは安定期に入ってからという約束がありますが
いつまで、という制限は特に設けられていないという特徴があります。

お医者さんのOKさえあれば
妊娠中いつまでもマタニティヨガをおこなっても大丈夫なんですね。

特に妊娠後期の臨月の時期は
お産に向けての体力づくりも兼ねて
出切る範囲で積極的にカラダを動かしてあげる方が良いのです。

では、臨月のときにオススメのマタニティヨガのポーズには
一体どのようなものがあるのでしょうか?

妊娠後期は、骨盤底を開いたり、いきみの方向を覚えたりと
お産に向けた準備ができるヨガのポーズを意識しておこなっていくと良いでしょう。

以下に、オススメのポーズをご紹介していきますね。

◯ Cat & Cow のポーズ

1 肩の真下に手首を置き、
骨盤の真下にひざがくるように四つん這いの姿勢を取ります。

2 背筋を伸ばしてひと呼吸しましょう。

3 息を吐きながら、背中を丸めていき
頭は下げて自分のおへそを見るようにしていきましょう。

4 吐き切ったら、息を吸いながら背中を反らしていきます。
顔を上げて目線は斜め上を見るようにし、
気持ち良く胸を開くようにおこないます。

5 3と4を数回、呼吸に合わせて繰り返していきましょう。
※ 背中を無理に反らせ過ぎたり、手や足の位置がずれないよう
無理なく安定した状態でおこないましょう。

※ 呼吸に合わせて背中を反らしたり丸めたりすることで
いきみの方向をつかむことが出来ます。

 

◯ 花輪のポーズ

1 正座の状態からひざの前に手をつき
足の裏全体を床につけたまま、ゆっくりと足を開いてしゃがみこみます。

2 姿勢が安定してきたら、胸の前で合掌をし
息を吐きながら両肘で両膝を押し開いていきます。

3 骨盤底を意識しながら5呼吸ほどキープし
ゆっくりと前に手をついて正座の姿勢に戻っていきます。

※ しゃがみこむのが辛い方は、おしりの下に畳んだブランケットを置いて
その上に座るようにしゃがみ込むと良いでしょう。

※ 骨盤底を開き、会陰部を伸ばすポーズですので
お産のときの裂傷を予防し、安産を助けてくれます。

スポンサードリンク

2015年6月28日 目的別・妊婦さんにオススメのマタニティヨガのポーズ 〜臨月にオススメのポーズ〜 はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎