マタニティヨガのポーズの名前を覚える必要はありますでしょうか?




「ヨガといえばポーズをとること」

そのように認識されている方は非常に多くいらっしゃると思います。

実際、ヨガには星の数ほどポーズが存在しており
それは時代とともに増え続け、今では約84000種類以上あるといわれています。

また、ヨガのポーズは日本語や英語での表現も可能なのですが
大本は、サンスクリット語で表記されていたもので
その独特な言葉の響きに魅了された方もいるのではないでしょうか。

そして、マタニティヨガや他のヨガを通しヨガの世界を少しずつ深く知っていく中で
「ポーズの名前は覚えた方が良いのかな?」
と考えられる方もいるのではないでしょうか?

確かに、ヨガのポーズの名前をさらさらっと言えるのは
本格的なヨギーニという感じがして、とてもカッコいいですよね。

では、マタニティヨガやその他のヨガのポーズの名前は
覚える必要があるものなのでしょうか?

結論から申しますと、これは人それぞれの考え方によると思います。

有名なヨガインストラクターでも
ポーズの名前を覚えることにこだわらない方も多いですし
その逆で、しっかりと一つ一つのポーズ名を覚えていらっしゃる
先生も存在しています。

また、インストラクターの立場から言いますと
ポーズの名前を正確に覚えるよりも
どれだけ分かりやすく生徒さんにポーズを伝えることが
出来るかが大切だといえますね。

ヨガには、「知識が1%、実践が99%」という教えがあります。

このことから、ポーズの名前を覚えることを頑張るより
まずは、ヨガのポーズをとっていきながらヨガを楽しむことが
大切といえるのではないでしょうか。

ですが、ヨガのポーズの名前を覚えようと頑張ることは、とても素敵なことです。

その気持ちを大切にしながら
どんどん、ヨガという世界を漫喫していってくださいね。

スポンサードリンク

2015年6月28日 マタニティヨガのポーズの名前を覚える必要はありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 マタニティヨガの基礎