アーユルヴェーダが薦める朝ヨガの太陽礼拝の流れを教えてくださいますでしょうか?




朝ヨガに最適と言われる太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)ですが、
実践するにあたり、具体的にどのような動きを行っていくのかが気になりますよね。

太陽礼拝は、12ポーズを流れるようにとっていくシークエンスであり、
1つ1つのポーズの動作を呼吸のリズに合わせて丁寧に繰り返し行うことで、
全身をまんべんなく動かしていきます。

1つ1つの動きはとてもシンプルなものですが、
朝に行うことで、身体を気持ち良く開くことができ、
一日を良いコンディションでスタートすることができるでしょう。

 

では、早速太陽礼拝の流れをご紹介します。

 

1 山のポーズ

脚の親指を揃えるように立ち、腹筋を引き上げ、
胸を開いて、肩甲骨と肩の力を下にすとんと落とし、顎は少し引きましょう。

 

2 上向き礼拝

息を吸いながら、腕を空へと伸ばして合掌します。
視線を指先に向け、地面を足裏で力強く押すようにして、
力強く上へと伸びるイメージで行います。

 

3 立位の前屈

息を吐きながら、股関節を折り曲げるようにして上体を倒し、
太ももとお腹を近づけます。
両足の外側に手を置き、首は脱力させましょう。

 

4 半分の前屈

息を吸いながら、上体を床と平行になるくらいまで起こします。
指先は地面を捉えるようにし、背中とお腹を気持ち良く伸ばします。

 

5 板のポーズ

息を吐きながら、片足ずつ足を後ろへまっすぐ伸ばし、
両足を揃え、爪先立ちで地面を力強く捉えます。
腕立て伏せのような形で両腕で身体を支え、
頭頂からかかとまで真っ直ぐキープします。

 

6 八点のポーズ

脇を締め、肘を後ろへ引くようにして、顎と胸を地面へとつけます。

 

7 上を向いた犬のポーズ

上体の前面と足の甲を地面につけてうつぶせになります。
両足は腰幅に開き、息を吸いながら両腕地面を押して上半身を持ち上げ反らせます。胸を気持ち良く開くようにし、下腹部は地面につけたままです。

 

8 下向きの犬のポーズ

息を吐きながら、爪先を返すようにして腰を斜め上へと
引き上げるようにして持ち上げます。
かかとは地面を捉え、脚の裏を気持ち良く伸ばします。

 

9 立位の前屈

息を吸いながら、手の間まで足を歩かせて前屈し、息を吐ききります。

 

10 半分の前屈

息を吸いながら、上半身を半分めくりあげ、視線は斜め前を見ます。
もう一度前屈し、息を吐ききります。

 

11 上向き礼拝

息を吸いながら、上体を起こし、空へと腕を伸ばして頭上で合掌します。
視線も上へと送り、空へと力強く伸びていくイメージで行います。

 

12 山のポーズ

息を吐きながら、合掌した手を胸元へと戻します。

ご自身の呼吸のリズムに合わせて、心地よいスピードで行っていきましょう。
この一連の流れに慣れてきましたら、1つ1つのポーズを30秒ほど
キープしてみるとさらに効果的です。

スポンサードリンク

2015年1月11日 アーユルヴェーダが薦める朝ヨガの太陽礼拝の流れを教えてくださいますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(運動・呼吸法・施術法)