アーユルヴェーダが教える効果的なヨガの実践方法とはどのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダとヨガは、共にインドの伝統的な思想や文化が育んできた、
壮大な歴史を持つ生命の知恵です。

よって、この2つはまさに、
親戚や兄弟のように近く関連性を持つ存在と言っていいでしょう。

では、アーユルヴェーダの目線で考える、
効果的なヨガの実践方法とはどのようなものなのでしょうか?

アーユルヴェーダはその名の通り、「生命の科学」といわれる伝統医学で、
具体的な心身の療養法や治療法、膨大な薬草学についてを説いているものです。

一方、ヨガとは古代から伝わるインドの心身の修養法のことをいいます。

アーサナ(ヨガのポーズ)やプラーナヤーマ(呼吸法)などの実践を通し、
心身を、強く清浄な状態へと調えていくことを目的としたものとされているのです。

そして、この2つの本質はどちらも、
人がより自然体でいられ、心身が幸福に満ちた人生を送ることができるように
導いてくれる智慧とされます。

そして、そのために先ずできることは、
自分の心身の内なる声を聞いてあげることです。

ヨガによる呼吸法や瞑想、そしてアーサナを通し、
ご自身を静かに観察する時間を設けてあげることで、
さまざまな気付きを得られることでしょう。

そして、その気付きこそ、今後の人生のさまざまな局面を
しなやかに乗り越えていくための大きな智慧となります。

『ご自身の心身の声を聞くこと』

これこそが、アーユルヴェーダが薦めるヨガの実践方法といえるでしょう。

スポンサードリンク

2015年1月11日 アーユルヴェーダが教える効果的なヨガの実践方法とはどのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(運動・呼吸法・施術法)