アーユルヴェーダのカパ体質の診断には、どのようなチェック項目がありますでしょうか?




アーユルヴェーダの簡単な体質診断には、
3つの各ドーシャごとの質問事項が用意されています。

その質問に、どれだけご自身が当てはまるのかを
当てはまるを5点、少し当てはまるを4点、どちらでもないを3点、
少し当てはまるを2点、当てはまらないを1点として、
5段階の評価をし、点数を加算していってください。

また、3つのドーシャごとの質問すべてが終わりましたら、
それぞれのバランスをチェックしますので、
合算した点数をメモなどしておいてくださいね。

では、最後はカパの質問事項です。
質問に対しては、あまり深く考え過ぎずに答えるようにしてください。

 

◯ 体格は大柄であり、ガッチリしている方である。

◯ 太りやすい。体重も比較的重い方である。

◯ 肩幅が広く、お尻も大きくしっかりしている方である。

◯ 肌は色白で、肌質もしっとりとして滑らかな方である。

◯ 丸顔で、顎がしっかりしている方である。

◯ 肥満になりやすく、手足の血管や間接は見えにくい。

◯ 覚えるのは遅いが、一旦覚えたことはなかなか忘れない方である。

◯ もの静かで、ゆっくりと話す方である。

◯ 保守的で執念深く、物事などに執着心が強い方である。

◯ 忍耐力があり、我慢強い方である。

 

如何でしたでしょうか?
以上が、カパドーシャに関する質問事項になります。

これらの質問に多く当てはまる方は、
アーユルヴェーダ的には、カパの性質を強く持っていることとなります。

ですが、他のドーシャの診断結果と照らし合わせることで
ご自身の体質を総合的に知ることが出来ます。

他のドーシャの診断が終わるまで、こちらの診断結果をメモなどをしておき、
ご自身の体質を知るキッカケに役立ててみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年1月11日 アーユルヴェーダのカパ体質の診断には、どのようなチェック項目がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 体質診断