アーユルヴェーダでは、ヴァータとはどのような心の特徴を持っているとされているのでしょうか?




ドーシャ診断で、ヴァータの項目に多く当てはまった方は
アーユルヴェーダ的には、ヴァータの性質を強く持っていることになります。

この性質は身体的特徴だけに言えることではなく、
「心」や「性格」の傾向や特徴にも当てはまります。

では、ヴァータとは一体どのような心の特徴を持っているのでしょうか?

ヴァータとは「空」「風」の2つの元素から構成されるドーシャで、
軽・冷・乾・粗・動といった、風のエネルギーをイメージさせる
性質を持っているのが特徴です。

よって、心の傾向にも、こういった特徴が当てはまると言えます。

以下は、ヴァータの人が持つ心(性格)の傾向を具体化したものです。

 

◯ 喋るのが早くて快活

◯ 新しいことや変化を好む

◯ 好奇心が強くて創造力が豊か

◯ 理解力が高く記憶力があるが、忘れるのも早い

◯ 神経質な面があり、ストレスや緊張に弱い

◯ 不安感や恐怖心が強い・心配性

◯ 飽きっぽく、物事を長続きさせるのが苦手

◯ 初対面の人とすぐに仲良くなれる

 

ヴァータの人は、とても快活で好奇心が強く、行動的なイメージが感じられますね。

まさに、風のように、さまざまな場所を走り回っているような
イメージではないでしょうか。

ですが、風には乾きや粗さ、不安定さといったものも感じられ、
ヴァータが増え過ぎることは、
それらの特徴を大きくしてしまうことにも繫がります。

これにより、心にポッカリ穴があいたような精神的な不安定さや
謂れのない恐怖心を抱いてしまうといった
心の反応を生み出してしまうといったこともあるのです。

よって、ヴァータの性質が強い方は
ヴァータを中心とした全体のドーシャバランスを調えてあげることで、
ご自身の独創的で行動的な個性を、さまざまな場面で活かしていくことが
できるようになるでしょう。

スポンサードリンク

2015年1月14日 アーユルヴェーダでは、ヴァータとはどのような心の特徴を持っているとされているのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 体質診断