アーユルヴェーダが教えるヴァータを増やす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダでは、主に3つの療養法があり、
その中でも食事療法は、健康に大きくかかわる力を持つものであると教えています。

よって、食事の摂り方を調えることが、
その人の持つ本来の健康を見出す大きな方法であるといえるのです。

では、ヴァータの性質と食事には、一体どのような関わりがあるのでしょうか?

ヴァータとは、冷性の属性を持つドーシャであり、
この属性を助長するような食べものは、
ドーシャバランスから見ても避けるべきとされています。

よって、ヴァータを増やしてしまう食べものは、
ヴァータの性質を持つ方にはあまり向かないことが多いのです。

以下に、ヴァータの人が控えた方が良い食事の例を挙げてみました。

 

◯ 生野菜

◯ ナス科の食べもの(茄子、トマト、じゃがいも、ピーマンなど)

◯ ドライフルーツ

◯ 豆腐以外の豆類の多量摂取

◯ 冷たい食べ物全般

 

これらから、ヴァータの人は、
『冷たく軽い性質を持つものの摂取を控えた方が良い』
ということがお分かりいただけるかと思います。

また、ヴァータというドーシャは
その不安定な特徴から、非常にバランスを崩しやすいドーシャでもあります。

よって、例えヴァータの人に適しているといわれる食事でも
過剰な摂取は控えた方が良いというのが、アーユルヴェーダの教えとなります。

スポンサードリンク

2015年1月14日 アーユルヴェーダが教えるヴァータを増やす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)