アーユルヴェーダが教えるカパを増やす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか?




アーユルヴェーダでは、主に3つの療養法があり、
その中でも食事療法は、健康大きく左右する力を持つものであると教えています。

よって、食事の摂り方を調えて改善していことが、
その人の持つ本来の健康を見出す大きな特効薬であるもといえるのです。

では、カパの性質と食事には、一体どのような関わりがあるのでしょうか?

カパとは、冷静の属性を持つドーシャであり、
このドーシャを増やすような食べものは、
ドーシャバランスの面から見ても控えるべきとされています。

よって、カパを増やしてしまう食べものは、
カパの性質を持つ方にはあまり向かないことが多いのです。

以下に、カパの性質を持つ人が控えた方が良い食事の例を挙げてみました。

 

◯ 塩分を多く含む食べもの(醤油・味噌・塩など)

◯ 果物など、身体を冷やし糖分が多いもの

◯ 肉類、卵

◯ 乳製品全般

◯ 脂っこい食べもの

◯ 冷凍食品類

◯ ココナッツオイル

◯ ナッツ類全般

 

これらから、カパの性質が強い人は、
『脂っこさや甘味の強い、重い性質の食べものを避けた方が良い』
ということがお分かりいただけるかと思います。

また、カパのドーシャを持つ人は太りやすい人が多いため、
特に食事の量や内容には気をつける必要があります。

また、代謝を活性化させて身体を温めるようなスパイスや
苦み渋み・辛味を中心としたを食事を、
ゆっくり時間をかけて食べることが良いでしょう。

スポンサードリンク

2015年1月14日 アーユルヴェーダが教えるカパを増やす食事や生活習慣とは、どのようなものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 実践方法(食事・生活習慣)